チャンピックス使用の際は注意しましょう

チャンピックスを使用するのであれば、いくつは注意が必要です。禁煙の仕組みはお分かりになったと思いますが、チャンピックスも直接脳に作用して、いわば脳を騙して禁煙を狙うという事実は曲げようがありません。

 

どう考えても100%安心安全という訳にはいかない。中には、チャンピックスによる副作用を強く感じる方もいるのです。

 

チャンピックスの代表的な副作用は以下の通り

 

・頭痛・吐き気・不眠症・便秘
・眠気というよりは意識が朦朧とする感覚
・抑うつや精神疾患がある場合、悪化することがある
・悪夢を見ることがある

 

頭痛や吐き気と言った副作用らしい?副作用もありますが、特徴的なのは精神に影響を及ぼす副作用です。本来であれば禁煙外来でチャンピックスを処方してもらうのが安心ですが、通販で購入することもできます。保険適用されるか否かは喫煙歴や喫煙本数などによって区別されますから、中には通販を利用した方が安価に禁煙にチャレンジできる人もいるでしょう。しかしだからこそこのような特徴的な副作用には気をつけなければなりません。

チャンピックス使用の際に気を付けること

 

チャンピックスは禁煙外来でも処方される禁煙補助剤ですが、脳に直接作用してニコチンによる快楽物質を発生させなくする、ニコチンパッチやニコチンガムとは少し性質のことあるお薬です。

 

頭痛は吐き気などの副作用が出ることがあると言いますが、それ以上に精神に影響する副作用が表れることがあるという点に注意が必要です。

 

具体的には、抑うつや精神疾患の悪化、不眠、悪夢を見るなど、少し怖い症状がチャンピックスの副作用として知られています。また、チャンピックスを飲んだあとは意識が朦朧とする方がいますので、車の運転などはしないようにする必要があります。

 

もし、以上のような症状が強く表れ、日常生活に支障を来すようでしたら、無理はせず服用を中止し、別の方法で禁煙をしてください。

 

このような症状が出るとき、医師に相談できないというのが個人的にチャンピックスを通販する際のデメリットです。

 

タバコをやめるという強い意思に加え、自己管理を疎かにしないという難しさがあります。

 

だからこそ、個人でチャンピックスを通販するというのは禁煙を始めやすくて良いのですが、禁煙達成の難易度は病院に行くほどではありません。

 

ベストは禁煙外来で保険の適用される範囲の禁煙治療を行うことでしょう。

 

 

 

チャンピックスの禁煙成功率が高いわけ

禁煙に失敗した人であっても、チャンピックスによって禁煙に成功することができた、という方も少なくありません。チャンピックスの効果というものには次のようなものがあります。

 

タバコに含まれているニコチンが体内に入ることで、脳内にあるニューロン組織の一部と結合することでドーパミンが放出されるようになります。このニコチンとニューロン組織の一部との結合によってタバコがおいしいと感じるようになっているのです。

 

そしてチャンピックスに含まれている成分にもニコチン受容体と結合する、という特徴があるのです。バレニクリン酒石硫酸と呼ばれる成分になります。

 

少量のドーパミンが放出されますので、タバコを吸っていない時のイライラ、不安感といった症状が抑制されるようになるのです。タバコを吸う前にチャンピックスを飲むことによってタバコのニコチンを身体が欲しがらないようにする、ということが重要になるのです。

 

タバコが吸いたい!という気持ちを抑制することができれば、身体にかかる負担を小さくさせ禁煙を成功させることができます。
禁煙をすることができない原因のほとんどは、このニコチン切れによる禁断症状です。
禁断症状を抑えることができれば、禁煙を成功させることができる可能性もかなり高くなるはずですよ。

更新履歴